成長ホルモンで若返り!!

成長ホルモンで若返る!!アンチエイジングのポイントは?

老化の症状>【高血圧と老化】高血圧は脳の老化を早める!

加齢とともに、高血圧になり、悩んでいる人が多いと思います。
高血圧になる原因は、遺伝的要素が非常に多く、
両親が高血圧の場合は2分の一の確立で、
高血圧になります。

しかし、塩分の取りすぎ、脂っこいものの食べすぎ、
ストレス、タバコなどの因子が加わることで、
誰でも、高血圧になります。

血圧は、心臓から送り出された血液が、動脈の内壁を押す力のことですが、
要するに、血管の壁にかかる圧力の事です。
塩分を取りすぎると、のどが渇きやすく水を飲みたくなります。
結果、血液の量が増え、血管を通る血液も増え、血圧が上がります。
塩分が、交感神経など神経のを刺激することでも、血圧が上がります。

脂っこいものの食べすぎると血管内に、コレステロールなど、
余分なものがくっつき、たまってくめと、血管の中は、細くなり、
血圧が高くなってしまうわけです。

又、加齢による血管の老化も高血圧の要因になります。
老化に伴い、血管の弾力性がなくなり、細くなってくると、
血流が悪くなり、高血圧につながります。

肥満になると、体積が増え、エネルギー消費量が増えるため
心臓の送り出す血液量が増え、血圧があがり高血圧になります。

高血圧は、一般的に、最大血圧が140mmHg以上、
もしくは最低血圧が90mmHg以上の場合をいいます。
高血圧になると、特に心臓・脳・腎臓に
大きなダメージを与えます。
血圧が高いと血管の壁が厚くなり、弾力性がなくなり
動脈硬化になりやすくなります。

弾力性がなくなり、もろくなった血管は破れやすくなす。
もし、脳の血管が破れた場合は脳出血に、
血管内に血栓ができてしまった場合は、脳梗塞・心筋梗塞など、
命にかかわる深刻な事態になります。

高血圧は、心臓にも負担がかかり、心臓肥大などの重大な病気を
引き起こす可能性が高まります。
動悸や息切れといった症状が現れます。

腎臓にも影響し、むくみや、尿の出が悪くなったりすることもあります。
この様に、高血圧により、他の臓器がダメージを受ける、
二次的な病気にも注意が必要です。

【高血圧と脳の老化】


高血圧や肥満、糖尿病など、成人病になると、
脳の老化が最大10年も早く進むという研究結果が、でています。

米国のカリフォルニア大学の研究によると、
40代前後の男女を対象に脳のMRIによる画像診断をした見たところ、
高血圧の人は血圧が正常な人に比べ、
前頭葉の分画異方性が約 6. 5 パーセント少なく、
前高血圧症の人も血圧が正常な人に比べ、
脳の前頭葉と側頭葉の灰白質の体積が約 9 パーセント小さくなっていた。
という結果が出たといいます。

前頭葉や側頭葉は、脳の知力に関係する分野に当たります。
この分野の縮小は、知力の低下を意味します。
これが認知症へつながる可能性があるといえます。

高血圧は動脈硬化や脳卒中など、脳の血管にダメージを与えますが、
脳の血管の圧力が上がることで、脳組織に栄養が十分にいきわたらなくなる事。
または、脳内の血管の劣化による伝達能力の衰えなどが指摘されています。
高血圧による脳へのダメージは、頭痛やめまいなどの症状があります。

若いときから、高血圧への注意を怠らないことが、
将来認知症など、脳の老化を未然に防ぐことにつながります。

高血圧など、成人病は、成長ホルモンを活性化さ代謝を上げることで、改善されます。
コレステロールなどの沈着を予防したり、
血管を若返らせ、サラサラの血液にしたり、成人病予防効果があり、
症状の改善が期待できます。
特にお酢には、成長ホルモンを活性化させるアミノ酸が多く含まれており、
効果が望めます。
又、酢の成分酢酸は弱アルカリなので、体液が弱アルカリ性になり
血液の流れが良くなり、血管の状態も良くなります。
結果、 血管も若返り、高血圧が改善され、動脈硬化が改善されます。
血流が良くなることで、頭痛も軽快します。
肩こりや冷え性も改善されます。
酢の血液サラサラ効果で万病予防! (酢の健康・美容・万能力)

【高血圧関連】


■クラシック音楽を聴く事でも高血圧は予防できます。
モーツァルトの音楽は、高血圧や心拍数が上がるのを抑え、
血圧の安定をはかります。
健康に効くクラシック http://sonata.iinaa.net/

■人参・薬用にんじん共に、血中のコレステロール量を押さえ、
血栓症や高血圧症をおこしにくくします。
人参百科 http://www.ninjin.biz/
■近年になって、当帰芍薬散が老年痴呆に有効なのではないか
という研究結果が報告され、注目されています。
牡丹・芍薬専門HP http://www.botan-e1.net/

■トマトに含まれる抗酸化作用の効果は、
生活習慣病を、防ぐ効果があります。
リコピンの抗酸化作用により、血液をサラサラにして、
血糖値を下げたり、血液中のコレステロール値を下ます。
コレステロールの酸化防止をしてくれ、動脈硬化の予防につながります。
そして、心臓病の予防につながります。
トマトの抗酸化作用
 (トマトランド)



若返りホルモン運動

アンチエイジングエクササイズ

その他の成長ホルモン

アンチエイジングレシピ

↑ PAGE TOP